• ホーム
  • STD予防方法はコンドーム装着またはそもそも性行為をしないに限る

STD予防方法はコンドーム装着またはそもそも性行為をしないに限る

STDに感染してしまうと病気の内容によっては毎日のように苦痛を感じることがありますし、悪化して重症化する場合もあるので、感染したくないと考えている人がほとんどだと言えるでしょう。性病に感染したくないのであれば、しっかりと予防しておくことが大切です。STDの感染予防はコンドームの装着によって行うことができるものもあるので、性行為時には避妊具の着用を徹底するようにしてください。

性病の多くはコンドームを使用せずにセックスを行ったときに、精液や膣分泌液、血液などの体液が相手の粘膜から身体に入り込んでしまうことで感染します。通常のセックスだけではなく、フェラチオなどのオーラルセックスやアナルセックスでも感染することがあるので注意が必要です。コンドームをしっかりと装着しておけば、体液と粘膜が接触することを防ぐことができるので、このような経路で感染するSTDを予防することができます。

ただし、STDにはコンドームを装着しても防ぎようがない病気も存在しているので、注意しておかなければなりません。皮膚に生じた病変部に接触することで感染するものもあれば、口内に症状があらわれているとディープキスで感染してしまうものもあります。コンドームを用いても防ぎようがないのであればどうすることもできないと思ってしまう人もいるかもしれませんが、その場合でも予防法はあります。それは、そもそも性行為を行わないということです。

パートナーとの性行為までやめたほうが良いというわけではなく、不特定多数の人と性的な関係を持ったり、性風俗の利用を控えるようにしたりすることが大切だと言えます。不特定多数の人と身体の関係を持ってしまうと自分は予防に気をつけているつもりでも関係を持った人のなかに感染者がいれば、病気に感染してしまう確率が高まってしまいますし、風俗も性病が蔓延しがちなので利用することには高いリスクがつきものです。パートナー以外と性的な行為を行ってしまうことでSTDになってしまうと相手を悲しませてしまうことになりますし、パートナーにまで感染させてしまったら信頼関係が崩れてしまうかもしれません。このような理由があるので、STDへの感染率を高めてしまう恐れがある他者との性行為は控えるほうが良いと言えます。

パートナーがいたとしても、性風俗を利用したり不特定多数の人と関係を持ったりしている人もいますが、フェラチオなどのオーラルセックスだけだから平気などと思っていても、これだけで感染してしまうこともあるのです。軽い気持ちでキスをしたら相手がSTD患者で病気をうつされることもあるかもしれません。思いもよらず性病になってしまうこともあり得ますので、しっかりと予防しておくことが大切です。コンドームを用いてセックスを行うことはもちろんですが、それ以外にもパートナー以外とはなるべく性的な行為を行わないということにも気をつけておいたほうが良いと言えます。