• ホーム
  • STDを発見するためには泌尿器科や産婦人科で検査を!

STDを発見するためには泌尿器科や産婦人科で検査を!

心配している男性

STDになった恐れがある場合は泌尿器科や産婦人科で検査を行うことによって、本当に病気を患っているのか調べたり、それがどのような病気であるかを調べたりしなければなりません。血液検査や尿検査などから症状の原因となっている病気を判定しなければ、もしもSTDを患っているとしたら、正しい治療を行っていくことができないでしょう。STDを発見して適切な治療を行うためには、何よりも検査を行うことが大切であるので、STDの感染者とセックスをしてしまったときや身体に異変が生じているときは医療機関を受診するようにしてください。

なかには泌尿器科や産婦人科に通うこと、医師に性器などを見られることを恥ずかしく思っている人もいるかもしれません。家族や知人に性病が原因で病院を受診したことを知られたくないと考えている人や、異性の先生に陰部を見られたくないと感じている人は、もし性病に感染しているのであれば治療したいと考えていても、なかなか診察を受けることができないものです。ですが、病気を発見しておかなければ症状が進行してしまい、もっとひどい症状を引き起こしてしまう可能性がありますので、きちんと検査を受けるべきだと言えます。女性で病院に行く勇気が出ないとき、男性の医師に見られることが恥ずかしいと思っているのであれば女医がいる病院を選択したり、男性の患者であれば女医がいない病院を選択したりすれば異性に性器を見られる心配がなくなるでしょう。また、住んでいる場所から少し離れた医療機関を選択すれば、知り合いに知られる可能性も下げることができるはずです。

最近ではネットでキットを注文して自宅でセルフチェックを行うことも可能ですが、これでは症状の原因となる病気を判定することができない場合もあります。この方法でセルフチェックを行う場合は血液を採取する血液検査を実施することが不可能ですので、血液からでなければ病原体を検出することができないようなSTDを患っている場合は原因を特定することができないのです。そのため、自分で検体を採取することができない検査を行わなければならないような病気に感染している恐れがある場合は、産婦人科や泌尿器科を受診して血液検査や尿検査を行って診断してもらう必要があります。

特に女性の場合は恥ずかしいという感情から医療機関で性病の検査を受けたくないと感じている人が多い傾向にありますが、病院で検査を受けなければ正しい病名を知ることができずに、適切な治療を行うことができない可能性があるのです。治療が遅れてしまうと重症化してしまったり不妊症の原因などになったりする可能性のあるSTDもあり、一刻も早い発見と治療が大切だと言えます。STDに感染したかもしれないと感じているのであれば、医療機関を受診することに抵抗があったとしても、きちんと検査を受けるべきです。パートナーがいるのであれば、パートナーも感染している恐れがあるので一緒に検査を受けるべきだと言えるでしょう。