• ホーム
  • 真性包茎はSTDになりやすい!手術して改善することをおすすめ

真性包茎はSTDになりやすい!手術して改善することをおすすめ

男性のなかには仮性包茎や真性包茎の人も多く存在しており、これをコンプレックスに思っている人は多いものです。特に真性包茎は包皮をめくることが難しく、銭湯などで見られたときに恥ずかしいなどの気持ちからコンプレックスに思っている人は少なくありませんが、病気になりやすいという問題もあります。真性包茎の場合は包皮の内側まで清潔に保つことが難しく、汗をかいたときや十分に洗うことができていないことで不衛生な状態となり、STDの原因となる細菌の温床となることがあるのです。そのため、STDになりやすい真性包茎は手術して改善することがおすすめだと言えます。

真性包茎の人のなかには、無理に包皮をめくって亀頭を露出させようとしたことがある経験を持っている人もいるかもしれませんが、このような行為は嵌頓包茎を引き起こす可能性があり危険です。仮性包茎の場合でも起こる症状ですが、無理に亀頭を露出させようとすると皮が引っかかってしまって元の状態に戻らず、亀頭がひどく腫れてしまうということがあります。包皮の内部を洗いたい、剥けない状態が恥ずかしいと思って亀頭を露出させようとする人がいますが、これは嵌頓包茎を引き起こす可能性があり危険なので、自分で亀頭を露出させようとはせず、手術を利用したほうが良いです。

真性包茎や仮性包茎の手術を行うとなると、費用が高いのではないかと敬遠してしまう人も多いですが、それによってSTDや嵌頓包茎が起こってしまえば、結局治療費用が必要となってしまいます。手術にかかる費用は真性であるか仮性であるかによっても異なりますし、施術方法や病院によっても異なるので、比較検討するようにしてください。安ければ10万円前後で施術してもらうことができる場合もあれば、30万程度かかることもあるので、症状や施術方法などを考慮して病院選びを行うようにしましょう。

包茎の人は気をつけていても包皮の内側が不衛生になってしまいやすいです。夏場だけではなく、暖房によって汗をかきやすい冬なども性器付近に汗をかいて不衛生な状態になってしまうことが多く、包茎の人は特に清潔に保つことが難しいので、細菌の温床となりやすいと言えます。お風呂に入ったときになるべく皮をめくって洗っている人もいると思いますが、それだけでは不十分であることも少なくないので、気をつけていてもSTDの原因となることがあるのです。

手術では表皮を切除するなど、亀頭を露出させることができるように表皮に手を加えていきます。これによって亀頭を露出することができるようになり、包茎状態よりも清潔に保つことができるようになるので、病気にならないようにするためにも施術を検討することがおすすめです。仮性包茎であり自力で剥いても問題ないという場合は急いで手術する必要はないですが、真性包茎でまったく自力で剥くことができない、包皮の内側を洗うことができないという場合は、なるべく早く施術を受けることを検討しましょう。