• ホーム
  • 温泉で梅毒に感染する可能性がある!

温泉で梅毒に感染する可能性がある!

有名な性病のひとつに梅毒がありますが、これはセックスのみで感染すると勘違いしている人も少なくありません。性病と呼ばれるものは性行為によってうつると勘違いしている人も多いのですが、実際には性行為がなくても梅毒を発症することがあるのです。つまり、性行為を行うときだけに予防をしていたのでは不十分ですので、どのような原因でうつることがあるのかを把握して、その原因に応じた予防法を実行しなければならないと言えるでしょう。

梅毒は梅毒トレポネーマと呼ばれる病原体が原因で発症しますが、これは患者の体液のみに存在するわけではありません。精液や膣分泌液、血液などの体液のみに病原体が含まれる性病もあるのですが、梅毒の場合は病変部に病原体が存在します。この病気は全身のどこでも症状があらわれる可能性があり、あらゆる場所に病原体が存在していると言えるのです。そのため、病変部が触れたものと接触することで伝染してしまうケースもあり注意が必要だと言えるでしょう。

特に共用施設の利用でうつってしまうことが多く、温泉やサウナ、トイレなどで梅毒になってしまうこともあるのです。性行為だけが原因だと思っていては、知らず知らずのうちにこのような場所でうつってしまうこともあるので、性行為以外でもうつる可能性があるということを知っておかなければなりません。感染者の病変部が温泉やサウナの椅子、座り場などに触れることで病原体が付着することがありますし、トイレの便座にも付着している可能性があります。それ以外にも貸し出しタオルの利用や家族とタオルの共用でうつることもあるのです。

共用施設を利用する際には感染してしまうことがないように、予防しておくことが大切だと言えます。たとえばトイレを利用するときは便座シートを利用することで、病原体を拭きとることができるでしょう。温泉やプールなどに入るときは椅子や座り場にお湯をかけて流すことで付着した病原体を洗い流すようにしてください。性行為が原因でなくても感染するということは、大人以外にも子供もうつる危険があるということです。子供にも便座シートの利用や椅子を使う前にはお湯で流すというような指導をしておくことが、予防として大切だと言えるでしょう。

梅毒は性行為で相手の体内に血液などの体液が入ってしまったときに感染するだけではなく、共用施設を利用することでも感染してしまうことがあります。温泉やショッピングセンターや公共施設内のトイレを利用するという人は多いはずなので、その際には性病に感染する恐れもあるのだと意識して予防に努めるようにしてください。感染経路を把握しておくことで、身体に些細な異変が起きたときにも、もしかしたらあのことが原因で病気になってしまったかもしれないなどと考えることができるようになります。梅毒は共用施設の利用で、誰でも感染してしまう可能性があるということを忘れないようにしておきましょう。