• ホーム
  • 日本で最も多いSTDはクラミジア!なぜ感染する?どう治す?

日本で最も多いSTDはクラミジア!なぜ感染する?どう治す?

男性と話している医者

日本で最も多いSTDはクラミジアであり、これは日本国内に40万人以上の患者がいる病気です。患者数が非常に多いということは、性行為を行う人であれば、誰でもうつってしまう可能性があるので注意しておかなければなりません。どういった経路で発症してしまうのか、どのように治療を行うべきなのか知っておかなければ、発症に気づくことができなかったり治療が遅れてしまったりする可能性があるので、クラミジアに関する正しい知識を身につけるようにしておきましょう。

クラミジアはクラミジア・トラコマチスと呼ばれる病原菌が原因となって起こる病気であり、これはセックスによってうつります。しっかりとコンドームを用いてセックスを行っている場合は感染する確率が低いですが、コンドームを用いずにセックスやオーラルセックス、アナルセックスなどを行ってしまうと感染してしまう確率が高まるのです。クラミジア・トラコマチスは患者の精液や膣分泌液、血液などの体液中に存在していることが多く、それらが粘膜などにできた傷口から体内に侵入すると感染が起こります。また、クラミジア・トラコマチスは性器以外に咽頭にもうつるので、咽頭に症状があらわれている人とディープキスなどを行ったときに、口内に傷があればそこからウイルスが侵入する可能性があるので注意しておきましょう。

クラミジアに感染すると男性は尿道炎のような症状があらわれます。尿道炎のような症状であるため、尿道に痛みを覚えたり排尿痛を引き起こしたりすることがあるのです。女性の場合は、おりもの量の増加や生理以外で出血が見られるなどの症状があらわれますが、男性よりも軽度であり排尿痛などはあまり見られません。ただし、男性も女性も無症状であることが少なくないので、ウイルスが体内にいたとしても症状があらわれずに感染していることに気がつかない人も多いです。ですが、クラミジア・トラコマチスに感染していることに気がつかなければ治療が遅れてしまって重症化を引き起こす可能性があるので、定期的に検査を受けたり、発症したかもしれないという心当たりがある場合は検査を行ったりして治療を始めましょう。

クラミジアの治療方法としては、ジスロマックやクラビットと呼ばれる治療薬を用いて症状を改善することが多いです。ジスロマックやクラビットは原因菌に対して殺菌的な作用を示すので、効果の高い治療方法だということができます。早期発見から素早く治療を開始して、治療薬を服用することによって、早ければ1週間ほどで完治することができる場合もあるのです。これらの治療薬はとても効果が高いので、早く治療を完了させたいのであれば、なるべく早い段階で治療を開始することができるようにしてください。

クラミジアは日本で最も感染者数が多い性病であり、性行為を行う人であれば誰でも発症してしまう恐れがあります。あらかじめ、どのような原因でうつってしまうのかということや治療方法を知っておくことで、いざというときに適切な行動を起こすことができるようにしておきましょう。