• ホーム
  • 咽頭クラミジアの原因はオーラルセックス

咽頭クラミジアの原因はオーラルセックス

クラミジアは性器だけに発症するものではなく、咽頭に症状があらわれる咽頭クラミジアを患ってしまう人も少なくありません。何故、口内に細菌が入り込んでしまうのだろうと思う人もいるかもしれませんが、これはオーラルセックスやディープキスによって起こることが多いです。病気によってはディープキスではうつらないとされている性病もありますが、クラミジアの場合はディープキスでもうつる可能性が指摘されているので、注意しておくことが大切だと言えるでしょう。

オーラルセックスによる感染は、風俗の利用で起こることが多いと言えます。風俗店ではコンドームなしでの性交などのサービスが行われていることは少ないですが、その代わりにコンドーム使用せずにオーラルセックスが行われていることは多いです。サービスを行う女性が咽頭クラミジアを患っていれば、オーラルセックスによるサービスを受けたときに利用客の男性が感染してしまう可能性があります。なかには目の前でうがい薬を用いてうがいをしていたから安全だと思っている男性もいるようですが、うがい薬で性病の細菌やウイルスは退治することができませんので、性病予防には意味がないと理解しておきましょう。

風俗を利用した男性が咽頭クラミジアになることもあります。性器クラミジアを患っている女性に対するオーラルセックスを行ったり、ディープキスをしてしまったりすることで咽頭に感染するケースもあるのです。咽頭と性器のどちらにも感染する可能性があるので注意しておきましょう。そして、クラミジアに感染した状態でパートナーとセックスやオーラルセックス、ディープキスなどを行うことで、パートナーもクラミジアになってしまう可能性があると言えます。

咽頭クラミジアに感染した場合は、風邪のような症状があらわれることが多いです。口内に腫れが見られたり、発熱が起こったりすることが多く、単なる風邪だと思って見過ごしてしまう人も少なくありません。けれども、咽頭クラミジアになったまま放置してしまうと症状が悪化してしまったり他の人にうつしてしまったりする可能性があるので、口内に腫れが見られたり発熱が起こったとき、症状が長引くようであれば咽頭クラミジアの感染を疑いましょう。

咽頭クラミジアはオーラルセックスによって感染することが多いです。風俗でサービスを受ける際はオーラルセックスであってもコンドームを着用することが大切ですし、もしも風俗などを利用するのであれば定期的に性病検査を受けるようにしたほうが良いと言えます。他の性病に関しても言えることですが、咽頭クラミジアも感染に気づくことが難しい性病だと言えるので、些細な症状であってもクラミジアかもしれないと思う要素があるときは、利用期間を受診したり検査を行ったりするようにしてください。早期発見から早い治療を行うことができれば、症状が悪化してしまう前に症状を改善することができるでしょう。