カプセルを持っている男性

性行為によって感染する病気のことをSTDと言いますが、STDのなかには再発しやすい病気も存在しています。ヘルペスはSTDのなかでも再発を繰り返しやすい病気であり、発症したときはファムビルによって治療することが可能です。初期症状があらわれたときに早急に治療を開始することができれば、ひどく悪化してしまう前に症状を改善することができるでしょう。感染したり再発したりする確率を低くするためには、感染ルートや再び症状が起こるきっかけを知り、適切な対処法をとることができるようにしておくと良いです。

ヘルペスは単純疱疹とも呼ばれており、単純ヘルペスウイルスに感染することで発症します。このウイルスには1型と2型があり、1型に感染した場合は口唇に、2型に感染した場合は性器に症状があらわれるのです。口唇への感染はオーラルセックスなどの性行為による場合もありますが、それよりも感染者の唾液などによって感染することが多いと言えます。家族間で同じ食器やタオルを利用することで、病気がうつることがあるので注意しておかなければならないでしょう。2型の場合は性行為が原因となるので、コンドームを使用せずに行ったセックスやオーラルセックス、アナルセックスによって感染することがほとんどです。

感染ルートは異なりますが、1型と2型のどちらに感染したときにもファムビルを用いて治療することができます。これはファムシクロビルという有効成分を配合している抗ウイルス薬であり、単純疱疹の症状を改善するために効果的です。ファムシクロビルはウイルスの増殖を抑制する成分なので、これによって単純疱疹の原因となるウイルスの増殖を抑制して症状を改善することができると言えます。ファムビルは医療機関で処方してもらうことができますが、残念ながらドラッグストアなどで市販はされていません。もしも病院を受診せずに購入したいのであれば、個人輸入代行サービスを行っている通販サイトを利用して購入すると良いでしょう。

どの治療薬にも同じことが言えますが、ファムビルにも副作用が存在しています。医療機関で処方してもらった場合は医師や薬剤師から処方時に説明を受けることができますが、通販を利用して手に入れた場合は専門家から指導を受けることができないので自分で副作用について調べるようにしましょう。もしも使用中、副作用に当てはまる症状が発生したのであれば使用を中断して様子を見たり、場合によっては医療機関を受診して医師から処置を受けたりしなければならないと言えます。副作用の内容を知らなければ症状を見逃してしまう可能性があり、そのまま使用を続けてしまう可能性があるので注意しておくことが大切です。

ファムビルのような抗ウイルス薬を用いれば、ヘルペスの症状を抑える効果を期待することができます。この病気の原因であるウイルスは完全に体外へと排除することができないので、治療薬でウイルスの活動を抑制したとしても完治することはできません。ですが、継続してファムビルなどを用いれば再発させずに済むことができるのです。ヘルペスに感染してしまったというときには医療機関で診察を受けたり、個人輸入代行サービスを行っている通販サイトで治療薬を購入したりして症状の改善に努めるようにしてください。

ヘルペスはなるべく早く治療を始めることで、ウイルスの増殖が少ない段階で症状を改善することができます。早期発見からの迅速な治療によってその効果を高めることができますので、感染した疑いがあるときはできるだけ早く治療が開始できるようにしましょう。一度発症してしまった場合は、再発に備えて治療薬を常備しておくことも大切です。